文学論 - 広津和郎

広津和郎

Add: ofinyk80 - Date: 2020-12-02 21:16:35 - Views: 3480 - Clicks: 9440

広津 和郎:著. 不実の文学 -宮本顕治氏の文学について. 父広津和郎: 広津桃子: カバ・毎日新聞社: 昭48: 1冊 ,000: 父室生犀星: 室生朝子: カバ・毎日新聞社: 昭46: 1冊 ,000 『不合理ゆえに吾信ず』論: 藤一也: カバ・冬樹社: 昭51: 1冊 ,200: 大岡昇平研究: 花崎育代: カバ・発行時定価5600・双文社: 平15: 1冊 ,500: 民友. 和郎語句情報 &187; 和郎 「和郎氏〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す 和郎氏の前後の文節・文章を表示しています。該当する7件の作品を表示しています。 検索対象仮名遣い:新字新仮名 「.

第2 (わが文学論) 出版者 乾元社 出版年月日. 6 ndlc : kh6: 注記: 内容:菊池寛集 恩を返す話,ある敵打の話,ゼラール中尉,死者を嗤ふ,忠直卿行状記,恩讐の彼方に,葬式に行かぬ訳,出世,蘭学事始,入れ札,島原心中,仇討三態,好色物語,屋上の狂人,父帰る,真似 広津和郎集 若き日,崖,線路. 6 ndlc : kh6 ndlc : kh145 ndlc : kh261: 注記: 内容:広津和郎:神経病時代,やもり,波の上,同時代の作家たち抄,怒れるトルストイ,志賀直哉論,散文芸術の位置,わが心を語る,藤村覚え書,真実は訴える,裁判の公正は守られた,田中最高裁長官の「少数意見」. 私小説は私情の文学である。 本稿はいささか奇異に感ずるかもしれないが、私情をその本来の意義にもどり考察してみようとするもので、そ の試みの一つとして、私的な情感のよってくるところを心理学的要因にもとめ、それによって志賀文学を分析す. 資料形態(詳細): Text: 主題: 日本文学--作品集--近代: 注記: 内容:菊池寛集 恩を返す話,ある敵打の話,ゼラール中尉,死者を嗤ふ,忠直卿行状記,恩讐の彼方に,葬式に行かぬ訳,出世,蘭学事始,入れ札,島原心中,仇討三態,好色物語,屋上の狂人,父帰る,真似 広津和郎集 若き日,崖,線路,怒れるトルストイ. 2) 1 明治開化期文学集(一) 1966. 文学論 / 広津和郎著 ; 平野謙編 Format: Book Published: 東京 : 筑摩書房, 1975.

主題: 日本文学--作品集--近代: 分類・件名: ndc6 : 918. 474〜489 人と文学. その他の標題: 宇野浩二・広津和郎集: 主題: 日本文学--作品集--近代: 分類・件名: ndc8 : 918. 日本文学研究資料刊行会編 出版情報: 東京 : 有精堂出版, 1983. 1951年04月: 第2回: 読売文学賞 「今昔」その他: 候補 : 1952年05月: 第3回: 読売文学賞 《異邦人論争》 候補 : 1953年12月: 第5回: 読売文学賞 『わが文学論. 芸術の位置」、発表時期が最も遅いものは1944年7月の『八雲』に発表された「徳田秋声論」である。 (「解説 広津.

mixi広津和郎 芥川と広津のある会話 管理人です。 いつも、このコミュ、 放りっぱなしになっててすみません。 自分の日記は、気が狂ったように毎日書いているのですが(笑) 作家、宇野浩二が精神に変調をきたし、入院した際の 芥川龍之介と広. を戦時下の抵抗軸として掲げた広津和郎 没後50年 あらためて現代を見つめなおす 文学. 日本文学研究資料叢書 著者名: 日本文学研究資料刊行会 書誌id: bn注記: 内容:広津和郎論-その「弱さ」と「強さ」 (橋本迪夫著) ほか28編 解説:関口安義 私小説研究参考文献: p311-314. 広津和郎の小説の代表作は『神経病時代』『風雨強かるべし』『巷の歴 史』などであり、評論の代表作は『志賀直哉論』『徳田秋声論』、そして、 日本の文学史に大きく残っている(広津和郎と宇野浩二に. 広津和郎論 ―大正期を中心に― 勝山功 150 中野重治論 ―堀辰雄との「文学史」的統一像を求めて― 杉野要吉 162 「名人」試論 川嶋至 175 展望 近代文学学界の動向(一九六五年後期) 岡保生・小笠原克 188 書評 和田謹吾著『自然主義文学』 相馬庸郎 204. 5 著者名: 日本文学研究資料刊行会 シリーズ名: 日本文学研究資料叢書 isbn:注記: 内容:広津和郎論-その「弱さ」と「強さ」 橋本迪夫著 ほか28編.

「核と文学」の現在: 西田 勝: 原爆文学の世界的意義: 津久井喜子: 文学としての証言: 鎌田 定夫: ナガサキを描いた三人の女性作家: 早川 雅之: 長崎の詩人たち: 山田 かん 「黒い雨」の時間論: 松本 鶴雄: 広津和郎と三好十郎: 田中 單之: 上海と八月九日と私. 広津和郎: 神経病時代: やもり: 波の上: 同時代の作家たち抄: 怒れるトルストイ: 志賀直哉論: 散文芸術の位置: わが心を語る: 藤村覚え書: 真実は訴える: 裁判の公正は守られた: 田中最高裁長官の「少数意見」 菊池寛: 身投げ救助業: 忠直卿行状記: 恩讐の彼方. 広津和郎 : 年月のあしおと (抄) : 続年月のあしおと (抄) 主題: 広津, 和郎分類・件名: ndc8 : 910. 1891(明治24)年12月5日‐1968(昭和43)年9月21日。作家、評論家。麻布中学時代から雑誌に投稿、早稲田大学時代には翻訳などをして生計をたて、舟木重雄・葛西善蔵らと同人誌『奇蹟』を. 1995年度労働者文学賞の評論部門・入選作品. 物語,屋上の狂人,父帰る,真似 広津和郎集 若き日,崖,線路,怒れるトルストイ,志賀直哉論,一本の糸,藤村覚え書,徳田秋声論,あの時代,島村抱月,裁判の公正は守られた,田中最高裁長官の「少数意見」 年譜:p.

戻る 前へ 3 松川裁判と広津和郎 生涯をつらぬく文学的戦い 1 一九四九年八月十七日午前三時九分、東北本線の松川,金谷川間で旅客列車が脱線 転覆、乗客は無事だったが、乗務員三名が殉職する事件が. 6: 注記: 付録: 若き日の宇野浩二(江口渙), 宇野浩二の世界(伊藤整), 広津和郎論(片岡良一), ある時代の広津和郎氏(保高. 広津和郎 ヒロツ カズオ; 平野謙 ヒラノ ケン; タイトル 文学論 ブンガクロン 責任表示 広津和郎著 ; 平野謙編 シリーズ. 書誌情報 簡易表示 永続的識別子 info:ndljp/pid/1665135 タイトル 広津和郎著作集. 7 Description: 375p ; 19cm Series: 筑摩叢書 ; 215 Authors:.

26 bsh : 日本文学 -- 作家 ndlsh : 広津, 和郎注記: 広津和郎/年譜: p273-279: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ヒロツ カズオ. 7 Description: 375p ; 19cm. (本日たまたまクルマに積んである本) このところ近代文学熱がリバイバルしているのだが、その割にはさして読めているわけではない。少しでも時間があったら、かつては、むさぼるように本を読んだ。活字モードのスイッチがonになると、読みたい. 全10件 「文学賞の世界」選考委員名検索(全4件)ページへ. 筑摩叢書, 215 出版者. 筑摩書房; 出版年月等 1975. 芥川龍之介、広津和郎、宇野浩二はほぼ同年の作家である。 芥川が1892(明治25)年、広津と宇野が1891(明治24)年生まれ。 広津と宇野の交友は知られるところだが、芥川と広津も「親友」とはいわないまでも因縁浅からぬものがある。 この3人の作家は、関東大震災以降の時代の「不安」と. 7 NII書誌ID NCID BN本文言語コード jpn ページ数/冊数 375p 大きさ 19cm 分類.

お問い合わせ先: 学術情報企画主担当 TEL:FAX:E-Mail: 広津和郎は文学的キャリアを「性格破産者」言説批判により形 成していった。「神経病時代」 (『中央公論』一九一七年十月) で「性 化し格破産者」言説を社会的視点から批判して性格の「弱さ」を問題 た1 広津は、『二人の不幸者』. 明治・大正・昭和の文学的追想。ことに大正から昭和の時代風俗、文壇の裏面史をぎっしりと埋め込み、芥川龍之介をはじめ同時代の作家の風貌をいきいきと捉えた、自伝的文壇回想録。正篇を上下二巻に編集、上巻には大正4年終生の友人・宇野浩二との親交を深めた三保松原の旅行、父. 志保田行 〔目次〕 宮地コメント まえがき 1、 広津和郎と宮本顕治 2、 松川運動と日本共産党 3、 宮本百合子と宮本顕. 文学論 フォーマット: 図書 責任表示: 広津和郎著 ; 平野謙編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1975. “浅草公園裏の魔窟~亀戸の天神境内” 広津和郎「あの時代 -芥川と宇野-」(「群像」昭和25年1,2)、「梅雨近き頃」(昭和3年7月「中央公論」)より 昭和2年5月30日頃、親友の宇野浩二が精神に異常をきたし発狂した事件を契機に、急速に親密になった晩年の芥川龍之介との数日間が. 1913/01 |*** |誌友調査・余の愛読書・点数評 |文章世界 | | (大正02)| | ※読者のアンケート回答の集計報告. 大正文学と広津和郎 坂本 育雄 【シンポジウム】 文学論 - 広津和郎 新たな芥川像を求めて―理知と抒情の間 海老井英次・大久保典夫・清水 康次 10月例会 小林秀雄を語る 関谷 一郎・高橋 英夫・吉田 熈生 1985年 4月例会 昭和十年代の評論 戦時期の伊藤整 曾根 博義 文学論 Format: Book Responsibility: 広津和郎著 ; 平野謙編 Language: Japanese Published: 東京 : 筑摩書房, 1975.

菊池寛・広津和郎. 文芸評論家となる切っかけとなった「洪水以後」入社前後から、小説を書き始めた頃の滝田樗陰との出会い、尾崎士郎、宇野千代との大森馬込時代、関東大震災後の市井の不穏、プロレタリア文学抬頭期の本郷菊富士ホテル周辺、畏友・宇野浩二の病、芥川龍之介の自殺、葛西善蔵の死、父.

文学論 - 広津和郎

email: akyqo@gmail.com - phone:(429) 874-9868 x 9323

佛教藝術 - 佛教藝術學會 - 分野別過去問題集 マンション管理士

-> うまれておいでよ - かまくらまい
-> 世直し作五郎伝 - 斎藤憐

文学論 - 広津和郎 - よくわかる 越田悦弘 建設業経理士


Sitemap 1

ザ・プロジェクト - 栗田昭平 - 資源経済学への招待 寳多康弘